白髪染めの使いすぎには注意!

白髪染めは確かに便利なのですが、使うすぎることで髪の毛が傷んでしまったり、ひどいケースでは抜け毛が多くなって禿げてしまったという人までいます。

 

なぜこのようなことが発生するのかというと、永久染毛剤と呼ばれるキューティクルを壊して染めるタイプのものを使い続けたからです。

 

よく染まるタイプではありますが、はがれたキューティクルから水分が抜けてパサパサになってしまいます。またジアミン系の染料が入っている場合はアレルギー症状が出て、地肌がかゆくなったり、かぶれたりすることもあります。

 

その危険性がわかってきているので最近では使用する会社も減りましたが、まだ値段の安い白髪染めには使用されていることもあります。その他にも防腐剤、界面活性剤、鉱物油、合成香料なども体によくないとされています。

 

トリートメントタイプの白髪染めを使うべき!?

永久染毛剤のようなものを防止するためにトリートメントタイプのものを使う人が増えてきました。

 

染料もヘナなどの植物由来のものを使うことによって髪の毛へのダメージをなくしています。とはいっても、天然成分でも体質に合わない人もまれにいます。不安な方は使用する前にパッチテストをするのが大事です。

 

染めるのと同時に髪の毛の保湿もできますし、費用も抑えることができます。美容院に何回も通う時間やお金を節約したい人に自宅で染める白髪染めが浸透しつつあります。

 

少しずつカラーバリエーションも増えてきているので、敏感肌の人には嬉しいことです。また、美容院でも天然染料を使う店舗も増えてきたのであらかじめ調べておくのも一つの手です。