白髪染めトリートメントの正しい使い方!

最近では髪の毛と頭皮に優しいトリートメントタイプの白髪染めが増えてきました。

 

ヘアマニキュアなのでキューティクルを包み込むように染めるのでダメージが少ないのが特徴です。しかし、その分すぐには染まらないので困る人も多いようです。

 

根元まで染めるにはコツがあるのでそれを覚えましょう。クシを使って根元からすくうようにして薬剤をつけていきます。温めるためにシャワーキャップをかぶり、タオルなどをさらに上から巻いておけばよりいいでしょう。

 

15〜30分程度放置したら洗い流します。アフターケアはカラーヘア専用のシャンプーやノンシリコンのものを使うと色持ちもよくなります。最初のうちは5日ぐらい連続で使用して、そのあと間隔をあけていきます。

 

白髪染めトリートメントは素手でOK?

白髪染めトリートメントは、基本的には素手でOKです。その方が感触が分かり易く染めやすいという方は多いでしょう!

 

ですが、爪の間に入ってしまってなかなか取れないこともあるので、気になる方は手袋をすると良いと思いまう。手袋は100均で購入できます。

 

シャンプーの後にタオルドライして染める方法もありますが、よりしっかり染めたい場合はシャンプー前の乾いた髪の毛に染料をのせた方がいいようです。これも商品により異なりますので、各商品の使い方をしっかり見て下さいね!

 

また、最近では染めながらヘッドスパができるタイプのものもあるので、頭皮マッサージで白髪予防にもなります。トリートメントタイプは髪の毛の保湿成分に優れているので染めるたびにツヤが出てくると人気があります。

 

ただし、天然成分であっても体質によっては合わないこともあるので、必ずパッチテストを行いましょう。