白髪染めとヘアカラーの違いは?

白髪染めとヘアカラーって何が違うかわかりますか?
白髪染めとヘアカラーは染まり方が違います!

 

白髪染めは白髪だけでなく黒い部分も同じ色に染めることが可能です。それに対してヘアカラーは黒い髪の毛を染めるもので、白髪にはきれいに色が入っていきません。

 

それだけ白髪染めは染料の配合濃度が高く、染める力が強いということになります。とはいっても白髪の本数が少ない場合はヘアカラーでもいいかもしれません。本数が多いならやはり白髪染めできちんと染めた方がいいでしょう。

 

永久染毛剤って?

永久染毛剤と呼ばれるタイプは確かによく染まりますが、髪の毛のキューティクルをはがしてそこに入れるといういわゆるブリーチと呼ばれることをして染めるので髪の毛が傷みやすくなります。

 

明るい色に染めようとするとそのブリーチが強い染料になります。

 

どちらというと暗い色に染めるタイプの方がブリーチが弱めになっています。

 

髪の毛をいためたくなら

髪の毛を傷めたくない場合は、ヘアマニキュアや白髪隠しと呼ばれる一時染めを使いましょう。

 

シャンプーなどで落ちやすく、色持ちは悪くなりますが、キューティクルを壊さずにコーティングするように染めるので髪の毛への負担を減らすことができます。保湿効果があるものを増えていて、従来の白髪染めより人気があります。

 

部分的に染めたい場合は、クリームタイプ、ジェルタイプが使いやすいようです。全体染めなら泡タイプが便利です。いろんなタイプの白髪染めがありますが、使い比べてみてムラなく染まるものを見つけましょう。