白髪染めは髪へダメージを与える?

よく白髪染めをしてきれいに染まったのはいいけど、薬剤が地肌
にしみて赤くなってしまったという話を聞きます。髪の毛が染め
た後にパサパサになってしまうということも経験がある方も多い
でしょう。こういった現象はなぜ起こるのでしょうか。

 

ダメージが強いといわれているのは永久染毛剤と呼ばれるもの
です。一般的にはヘアカラーと呼ばれています。色の種類も多く、
色持ちもいいため普及しています。しかし、この染める仕組みは
化学薬品で髪の毛のキューティクルを強引にこじあけ、そこに
染料を入れるという染め方です。確かに染まりますが、髪の毛へ
のダメージはとても大きく、髪の毛がボロボロになります。ひどい
人になると、髪の毛だけでなく地肌にも染料が染み込み、それが
原因でごっそり髪の毛が抜け落ちたという報告さえあります。
この場合は、気づかない内に頭皮に傷が出来ていて薬剤のせいで
その傷が膿んでしまったようです。素人の場合、自分の頭皮が
今どういう状態にあるか気づかないこともよくあります。そして
自宅で自分でやると、薬剤をきれいに落とし切れていないことも
多いようです。

 

そのため、ルプルプヘアカラートリートメントのようなジアミンなど
の化学薬品が入っていない白髪染めをおすすめします。これなら
素人が使ったとしても、髪の毛や地肌へダメージを与えることが
ありませんし、昆布や天然ハーブの保湿力で染めたあとの髪の毛
にハリ、ツヤを与えることもできるのです。