白髪染め男女の違いとは?

基本的には白髪染めの成分そのものは男女一緒です。

 

ただ色や香りの好みが違うため、その部分だけ違うと考えたらいいかもしれません。

 

男性用はブラック系が多く、香りも無香料のものが多いようです。女性に比べると短髪の人が多いので頭皮につきにくいカラーリンスのように簡単に染めるタイプが主流です。付属のコームも短めになっています。

 

女性用は男性用よりカラーバリエーションが多く、アロマで癒されるといった香りつきのものが多いです。ロングヘアが多いこともあり、頭皮や髪の毛に優しい、保湿効果があるものがよく販売されています。

 

美容院では男女の区別がない

美容院で染める場合は男女一緒の薬剤を使います。カラーもいろいろ選べます。

 

市販品でいろんな色を試してみたいという時は、男性が女性用を使ってもいいでしょう。男性は女性より使う量が少ないのでコスパもよく、髪の毛に優しい女性用を使えば髪の毛がツヤツヤしていきます。液だれが気になるのであれば泡タイプを使えば全体に染料が行き渡るため、きれいに染めることができるでしょう。

 

通販で販売されているトリートメントタイプの白髪染めは男女兼用になっています。髪の毛と地肌に優しく、香りも強くないものが多いので男性が使ってもおかしくないようです。

 

モノによっては合わない場合の返金保証がついているところもあり、試しにいくつか使ってみて合うものを選ぶのがいいと思います。